★★ ストリートファイター系バイクの製作、カスタムパーツの販売、ワンオフパーツ、等々…。お問い合わせ、ご相談はメールにて!お気軽にどうぞ! ★★                            ★★ 埼玉県入間郡三芳町竹間沢9-9 ★★ 049-259-2878 ★★         ★★ g_f_products@yahoo.co.jp ★★ 

98d45b0f.jpeg





スプリンガーサスペンションです!

スプリンガーはかなり重いですので、ステムのメンテナンス周期が他のモデルに比べて早いです!


RIMG1326.JPG





今回は別件でフロント周りを外したので、ついでにベアリングのチェックです。
ベアリングレースに等間隔に縦線が見えますかね?
指の腹で触るとかかなり波打ってボコボコになっておりました。

レースがボコボコになるほど摩耗していますと、車体を取りまわしただけで「?」と思うはずです。
走らせれば勝手にハンドルが真っすぐに動こうとしたり…。

しかし、スプリンガーの場合は摩耗による症状より重量が勝っているので、気が付かない事が多いです。

定期的なメンテナンスをより心がけなくてはいけませんね。

 

RIMG0239.jpg







今回はフォークオーバーホール・ブレーキキャリパーオーバーホルがメイン。

そこまで作業するなら、ついでなのでステムのグリスアップもしちゃいます!

17b7dffd.jpg







フォークのダストシールドはご覧のように…
オイル漏れも激しいのでリフレッシュします。

RIMG0244.jpg







ブレーキキャリパーもオーバーホールしますので、先にブレーキオイルを抜いて、キャリパーを外しておきます。

c71ffe8c.jpg







キャリパーのピストンがサビてしまい、ブレーキが引きずったままでした。
おかげで、取り回しはハーレーより重かったり…

3a8d688f.jpg







ブレーキパッドも剥離してたり…

RIMG0253.jpg







ディスクも磨耗しまくってたり…

ちなみに、使用限度は4.00㎜
走行4000キロ台でこんなに磨耗しているって事はブレーキ引きずったまま乗ってたって事?!

ヤバイね(笑)

1146c6ca.jpg







相手方が整備中にメーターギヤを破壊したらしいです。
メーターに何か細工でもしようとしたのでしょうか?(笑)

RIMG0251.jpg







ホイールはオイルシールやカラーまでシルバーにペイントされてました!
子供がお父さんの大事なツボを割って、セロハンテープでごまかした…みたいな(笑)
その場しのぎは辞めましょうよ!!

RIMG0248.jpg







メーター側に付いている、スタッドボルトです。通常は左のように埋め込まれて固定されているのですが、ほう片方はもげてしまっています。
こ…これは…、「かっこ悪い長方形のメーターを交換しなさい」と神の御告げか…?!(笑)

RIMG0255.jpg







さて、ステムに戻りまして、ここまでバラしました。配線引っこ抜いたり時間かかってます。
このような、整備性悪い箇所にこそグリスニップルを付けるべきだと思うのは私だけ?!
スイングアームにニップルをつけようと思ったなら、ステムにもつけましょうよ!本田さん!!

RIMG0256.jpgRIMG0257.jpg







ステムベアリングです。左は下側のベアリングボール。グリス切れでコロコロと転がります。
右は上側のベアリングボール。ダストシールドのおかげで、グリスは残っています。

RIMG0258.jpg







古いグリスを取り除き、清掃して新しいグリスを塗りまくります!
(別に塗りまくらなくてもいいですが…笑)

RIMG0259.jpg







組み付けて、調整して完了!


次回はブレーキ編?フォーク編?







banner_02.gif
↑クリックして、その先で【G.F.Products NEWS】を見つけてクリックすると、僕が涙を流して喜びます(笑)
現在92位!二桁突入!!皆さんのおかげです!!次は50位を目指しますか~!

RIMG0209.jpg







今回は左側です。シフトタッチが硬いのでグリスアップします。

RIMG0211.jpg







前回と同じです。可動部にグリスを塗ってやりましょう!!

RIMG0213.jpg







サイドスタンドも動きが渋かったのでグリスを塗ってやりましょう!!

RIMG0218.jpg







ステップ外したついでに、フロントスプロケットカバーも外して中を点検です。
中には得体の知れない何かが…!

こうゆうの苦手デス…

RIMG0220.jpg







スプロケットカバー内には、スイングアームを分解しないで給油できるグリスニップルが付いています。
注射器みたいな専用の工具で給油します。反対側は錆びていて、グリスが入っていかないので、コチラのニップルを取り付けて給油。

そして、パーツを元に戻して完了です!

RIMG0222.jpg







次はケーブル類の給油です。
スロットルを捻ると動きが渋い。完全にオイル不足です。

RIMG0224.jpg







何回にも分けてしっかりと浸透させます。

RIMG0225.jpg







グリップ部分も忘れずに給油。

430e245d.jpg







スコスコと軽~く動くようになりました♪
やっぱ、スロットルはこうでないとね!!

RIMG0227.jpg







反対側のクラッチケーブルです。
レバーを握るとギシギシいってます(笑)
この状態なら最近のハーレーの方がまだ軽いし(笑)

RIMG0228.jpg







エンジン側に付いているクラッチケーブルのメイン調整用部分です。
取り付け方がおかしいです。

正しくは…

195c09e1.jpg







ナットで挟むように取り付けます。

RIMG0229.jpg







ワイヤーに給油して、レバー部も給油します!
そして組み付け。

うん♪軽いなった♪

RIMG0231.jpg







ウインカーのスイッチの動きも渋いので、分解して給油します。

こういった、手で触る箇所の動きが良くなると、乗っていて気持ちがいいものです!!

RIMG0234.jpg







キャブレターオーバーホールした時に戻し忘れたのでしょうか…。
気をつけないといけませんね。






banner_02.gif
↑クリックすると僕が喜びます(笑)
現在110位。あと少しで二桁!!

RIMG0206.jpg







通勤マシン用に仕入れたCB125T。

キャブレターオーバーホール済の車両をネット販売で仕入れたのですが、届いて実物を目にすると、それはもう…(笑)現状では恐ろしくて乗れません。今後のGFPニュースでまた書きますが。

バイクに詳しくない方はこのまま乗っちゃうんだろうな…。
相手は物売り。私は技術を売る仕事ですので同じバイクを扱っていてもギャップを感じちゃいますね。

とりあえず、安心出来るレベルまで整備しましょうかね~!

RIMG0226.jpg







長期放置車は問答無用でエンジンオイルの交換です。

ふ~ん。CB125Tはオイルフィルターが無いんだ~!!

RIMG0230.jpg







オイルを抜いている間にプラグでも確認しますか!

んっ?プラグコードがきちんとプラグに入ってないし…(笑)

プラグは新品に交換してあるみたいです。

プラグコードは硬化してカチカチ。交換したいけど、まずは乗れる状態にするのが目的。
エレクトリックグリスを塗ってからプラグコートを取り付けます。

保管車の始動の儀式を行ってエンジンを始動させます。(今更遅いかもしれないけど…)

長期保管車はシリンダーに油膜として残っているオイルがクランクケース内に落ちてしまいます。
その状態でエンジンを始動するとシリンダー・ピストンにキズが付き、オイル上がりの原因になってしまいます。

エンジン始動前にプラグホールから燃焼室にオイルを注入し、ギヤを入れ、リヤホイールを回してピストンを動かし、馴染ませてから始動させます。欲を言えばヘッドカバーを外して、バルブ周りにもオイルを注入したいですよね。

保管後のエンジン始動の儀式は知らない方が多いです。
多分この車両はキャブレターオーバーホールしただけで、エンジン始動してしまったと思います。
私にとってはエンジン不動のままの方が良かったのですけどね(笑)

他人の整備を信用しない…。整備士の悪いクセですね(笑)
まあ、車両の状態から儀式を行ったとも思えませんが。

4f428137.jpg







オイル交換をしている時に気が付いたのですが、何か変です(笑)

丸印のボルトがブレーキペダルのストッパーの役目をしているのですが、ペダルがボルトの裏にあります。
転倒で内側に入ってしまったのでしょう。
しかし、ペダルの遊びが適正に調整されていたって事は気が付かなかったのか、見なかった事にしたのか?

RIMG0236.jpg







力技ですが、ブレーキペダルをガツンと直します。

RIMG0238.jpg







ペダルを外したついでに、ブラケットのブッシュもシャフトもグリス切れしていましたのでグリスアップします。

アルミ製ブラケットには腐食が……。
ポリッシュかペイントしたい…。ああ~、悪い癖が……。

いやいや、安心して乗れるようにするのが目的!!
反対側のブラケットを外すのはスイングアームも外さないといけないし、ガマン×2(笑)

RIMG0240.jpg







各パーツを清掃しグリスアップして…

RIMG0241.jpg







組み付けます。ブラケットの一部はスイングアームシャフトと共締めですので、トルクレンチで規定のトルクで締め付けます。トルクが強いとサスペンションの動きが渋くなりますし、ベアリングの早期磨耗。弱いと走行中にガタが出てしまいます。

372716f7.jpg







(続)変だぞシリ~ズ~!!
ペグにはバンクセンサー(ライダーに地面が近づいていることを知らせる安全装置)がついているのですが、
位置が変です。正しくは…

RIMG0250.jpg







こうです!
転倒でバンクセンサーが歪んでしまい、正規の位置に付けられなかったのでしょうか。
3次元の修正は難しいのですが、バイス・ハンマー・神への祈りで上手く修正できました♪

RIMG0245.jpg







写真だとごく僅かですが、2本ラインの内側と外側が並行ではありません。
ステップが若干、後ろに傾いています。
これを、おかしいと思える人間の目って素晴しい!!!

RIMG0246.jpg







ペグは曲がっていないので、最初からのようです。ペグは可動式になっていて、ストッパーの役目をしている丸印の部分を削って、落ち着く位置に調整します。




いや~!右ステップだけでこんなにやる事があるとは!(笑)
果たして私はこの車両に何時になったら乗れるのでしょうか?(笑)




人気ブログランキングへbanner_02.gif

↑クリックすると僕が喜びます(笑)
現在170位だって!先は長いやね~

◎ ブログ内検索
◎ カテゴリー
◎ カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
◎ プロフィール
HN:
神原正樹
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
G.F.Products
354-0043
埼玉県入間郡三芳町竹間沢9-9
049-259-2878
◎ フリーエリア
◎ 最新コメント
[10/10 GFP]
[10/10 よしだ]
[02/03 GFP]
[11/27 よしだ]
[08/08 kou]
◎ 最新トラックバック
◎ バーコード
◎ アクセス解析
◎ カウンター
Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル