★★ ストリートファイター系バイクの製作、カスタムパーツの販売、ワンオフパーツ、等々…。お問い合わせ、ご相談はメールにて!お気軽にどうぞ! ★★                            ★★ 埼玉県入間郡三芳町竹間沢9-9 ★★ 049-259-2878 ★★         ★★ g_f_products@yahoo.co.jp ★★ 

4e921345.jpg







さて、ブレーキキャリパーオーバーホールです!
このサビ!ヒドイです。ピストンを押してもびくともしません(笑)


RIMG0242.jpg







圧縮エアーでピストンを押し出すのですが、大砲のようにぶっ飛んできますので、古いパッドをあて板にしてピストンが飛ばない様にします。


bf1df9dc.jpg







しかし一つが少し動いただけで、これ以上ビクともしません…


456cfb8d.jpg







ブレーキピストンクランパーを使い、試みますがダメで…


677e787f.jpg







仕方ないので、バイスを使い強行手段。
ピストンは再利用しないので、いいでしょう!


ee80072f.jpg







中性洗剤で洗浄します。


385e8fe0.jpg







新しいピストン、オイルシール、ダストシールです。

アフターパーツ等のキャリパーでは一部ダストシールが付いていない物もあります。



dd9a64c6.jpg







ブレーキフルードを塗ったシールをはめ込みます。


34bd6277.jpg







ピストンを入れ、スプリングプレートを入れます。


RIMG0254.jpg







各パーツ、洗浄・グリスアップをし…


8decd4ee.jpg







組み付け。


9425a856.jpg







剥離したパッドは破棄し、新しいパッドを使用。
【デイトナ 赤パッド】です。
他ブランドも探したけど、古い車両なので見つかりませんでした…
他はプレミア製だけだったかな。純正はまだ在庫している様です。


RIMG0262.jpg







キャリパー完成!!


RIMG0271.jpg







ディスクも新品にしたいけど、予算が…(笑)
いいのが見つかったら交換しましょう!


RIMG0274.jpg







ついでなので、ブレーキレバーもグリスアップします。
ついでのついでですので、磨いちゃいましょう!!
左半分だけ磨きました!!


RIMG0275.jpg







ここでCMです

今回磨いた研磨剤は液状で、コーティング効果もあり、輝きがしばらく保てます!!
いままで、色々な研磨剤を使ったけど、アルミ磨きにはコイツが一番!!力も要らないしネ♪
お値段2.940円【G.F.Products】で好評発売中!

以上、CMでした(笑)


RIMG0279.jpg







ブレーキオイルを入れ、エア抜きをし、マスターシリンダーのフタをして完了!!

このネジはすぐサビで固着してしまうので、固着防止のコンパウンドを塗っておくと、次回外す時にネジをナメずに済みます!!もしくはホームセンターでステンレス製のを買ってくるといいでしょう!




banner_02.gif
↑1日1回クリックすると、その日はちょっとイイ事があるかも?!(笑)
現在、63/380位!ここから上位に行くのが難しいのかな?





パーツが揃いました!!

シールには組み込み用オイルが付属しているので各シール、ピストン塗りましょう。
メーカーによっては付属していませんので、その場合はブレーキオイルでOKです!






オイルシールを組み付けます。
このキャリパーにはダストシールは付いていません。








シールを取り付けたら、ピストンを入れます。
斜めに入れてしまうと、ボディーに引っ掛かって、キズが付いてしまうので要注意です!
ポイントはまっすぐ、丁寧にです。






ピストンを入れたら左右を合体!






金属接触面に耐高温グリスを塗り、新品のパッド、キャリパーピン、スプリングを取り付けます。
ブレーキ鳴き防止やカジリ防止になります。

今回の事を考えますと、
①: 「スプリングが折れたor無かった(まぁ、無くても正常にブレーキは正常に作動します)→キャリパーピンが抜けない様に入れているコッタピンが折れた→振動でキャリパーピンが抜けた→ディスクローターの回転遠心力により、ブレーキパッドが飛び出した」

②: 「キャリパーピンが金属疲労で折れた→ディスクローターの回転遠心力により、ブレーキパッドが飛び出した」

と、考えられる原因はこの2つでしょうか。


ブレーキタッチ向上を目的としてスプリングを外したりする場合もありますが、このキャリパーの場合はスプリングはあった方がいいですね。
仮にコッタピンが折れても、スプリングでテンションがかかってキャリパーピンは抜けにくいので、パッドが落ちる前に気付くかもしれませんしね。



RIMG0393.JPG








お馴染、パフォーマンスマシーン(PM)のキャリパーです。

「ブレーキペダルを踏んでもスカスカして効かない」との事でお預かりしました。

キャリパーを外してみたらあら不思議!!

本来、ブレーキパッドを押すはずのピストンがコロリと!!

なんと、パッドが見当たりません!!

そりゃ効かないはずですね!



RIMG0396.JPG








外れたピストンを見ると、だいぶ削れてます…

残念ながら交換ですね。


RIMG0398.JPG








削れた鉄粉も凄いので、キャリパーのオーバーホールです。

被害の無かったピストンも通常使用による摩耗キズが多いので交換です。


RIMG0400.JPG








オーバーホール用のシールキットは在庫している事もありますが、流石にピストンまで在庫してはいませんので、しばらくお預かりです…。

ゆっくり寝て待てってやつですね。
キャリパーボディー他パーツを洗浄してパーツが届くのを待ちましょう。
パーツの供給はいいメーカーですので、さほど時間はかからないでしょう!!

これからツーリングシーズンなりますが、ブレーキ関係は命にかかわりますので、「おかしいな?!」と感じたらすぐに点検したほうがいいですね。

◎ ブログ内検索
◎ カテゴリー
◎ カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
◎ プロフィール
HN:
神原正樹
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
G.F.Products
354-0043
埼玉県入間郡三芳町竹間沢9-9
049-259-2878
◎ フリーエリア
◎ 最新コメント
[10/10 GFP]
[10/10 よしだ]
[02/03 GFP]
[11/27 よしだ]
[08/08 kou]
◎ 最新トラックバック
◎ バーコード
◎ アクセス解析
◎ カウンター
Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル