★★ ストリートファイター系バイクの製作、カスタムパーツの販売、ワンオフパーツ、等々…。お問い合わせ、ご相談はメールにて!お気軽にどうぞ! ★★                            ★★ 埼玉県入間郡三芳町竹間沢9-9 ★★ 049-259-2878 ★★         ★★ g_f_products@yahoo.co.jp ★★ 

RIMG1033.JPG





寒くなってきましたね!

そんな寒さもあたたたたかくしてくれるのがグリップヒーター!!
巷で話題のヒートデーモンズです!




RIMG1034.JPG





中身はこんなかんじです!
一番上にあるアイスの棒がすごく気になりますが(笑)、それは置いといて…
従来のグリップヒーターはグリップ自体に熱線が仕込んであったのですが、このヒートデーモンズはハンドルの中に熱線を仕込むので、好きなグリップでしかも温かいと何とも画期的でございますよ!!

では、取り付けてみましょう!




RIMG1035.JPG





最初にハンドルへ穴空け加工を施し右ヒーターを装着。
その配線とコントローラーの配線をハンドルの左側から出します。




RIMG1036.JPG





そしたら左ヒーターと先程の配線を接続して、左ヒーターを装着。




RIMG1038.JPG





最後に+(電源)と-(アース)を接続します。
XL1200Cなのでライザーの中にコネクターがあるかなと思ったのですが、無かったので断念。



RIMG1044.JPG





タンクを外し、赤丸内にあるウインカーのコネクターを使用しましょうかね。





RIMG1045.JPG





真ん中の青い配線2本は日本仕様だと使用していませんので電源として使えるのです。






RIMG1050.JPG





青は2本とも電源ですので、アースを別途設ける必要があります。

配線を分岐させる場合、通常は一旦配線を切ってから分岐させるので約3本分の太さになってしまいます。
また挟むタイプの分岐ですと配線を傷つけて接続していますので、後々断線します。(後付け電装品の分岐コネクターはこのタイプが多いです。ヒートデーモンズもこのコネクターが入っていました)

しかし、配線を切らずに接続すれば2本の太さで分岐が出来るのです!狭いスペースには有効ですね!

まず、上記のように被覆を外します。



RIMG1053.JPG





次に追加分の配線を巻き付けます。






RIMG1056.JPG





そして、ハンダ付けをし、収縮チューブで被覆して分岐完了!!






RIMG1057.JPG





そして、コネクターに差し込み、電源とアースの確保ができました!







RIMG1058.JPG





ヒートデーモンズ側の電源とアース配線にハーレー純正端子を付けて…






RIMG1059.JPG





元に戻せばOK!!

純正オプション品の様な接続で整備性も抜群です!!




RIMG1061.JPG





気になる温かさは大丈夫でしょうか?

ランプの点いている位置がスイッチになります。温かさは4段階とOFF。
ハンドルの中に入れては中々温まらないだろうと思ったのですが、3分程度で温かが感じられます!!

素晴らしいですね!!
ハーレー純正ハンドコントロールに対応し、クロームスイッチハウジング用にクローム仕様のスイッチもラインナップされています!


これで、寒い冬も乗りきれますね♪





◎ Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
◎ この記事へのトラックバック
Trackback URL
◎ ブログ内検索
◎ カテゴリー
◎ カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
◎ プロフィール
HN:
神原正樹
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
G.F.Products
354-0043
埼玉県入間郡三芳町竹間沢9-9
049-259-2878
◎ フリーエリア
◎ 最新コメント
[10/10 GFP]
[10/10 よしだ]
[02/03 GFP]
[11/27 よしだ]
[08/08 kou]
◎ 最新トラックバック
◎ バーコード
◎ アクセス解析
◎ カウンター
Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル